月例定例会・総会 (林会頭)-01



林会頭・1年目:2008年 7月に開催された定期総会で林英二郎氏が満場一致で会頭に選出された。



月例定例会 (2009年06月16日) 
在パラグアイ日本商工会議所 2009年05月定例会が開催された。



(写真:定例会の様子-01)



(写真:講師・レディエックス・ハネローラ・エンシナさん)



(写真:森下事務局員新任挨拶)



月例定例会 (2009年05月13日) 
在パラグアイ日本商工会議所 2009年05月定例会が開催された。
日時:2009年05月13日(12:00−14:00)
場所:内山田 別室

温室効果ガス排出削減プロジェクトについて



(写真:定例会の様子-01)



(写真:定例会の様子-02)



(写真:花野富夫さん)



月例定例会 (2008年04月15日) 
在パラグアイ日本商工会議所 2009年04月定例会が開催された。
日時:2008年04月15日(12:00−14:00)
場所:内山田 別室

講師:米州開発銀行 山森正巳氏
テーマ:「パラグアイに於ける米州開発銀行の取り組み」



(写真:定例会の様子)



(写真:山森正巳さん)



(写真:帰国の挨拶を行う宍戸隆志さん)




月例定例会 (2009年03月18日) 
2009年最初の定例会が開催されました。



(写真:定例会の様子)



(写真:挨拶を行う山内さん)



(写真:離任の挨拶をする桑折事務局長)



月例定例会 (2008年09月10日) 
在パラグアイ日本商工会議所 2008年09月定例会が開催された。
日時:2008年09月10日(12:00−14:00)
場所:内山田 別室





(写真:定例会の様子)



(写真:挨拶を行う林会頭)



(写真:武田和久さん)



月例定例会 (2008年08月20日) 
在パラグアイ日本商工会議所 2008年08月定例会が開催された。
日時:2008年08月20日(12:00−14:00)
場所:内山田 別室

1・林会頭挨拶
本日もお忙しい中お集まり頂きまして有難うございます。8月15日に大統領就任式も無事終わりこれからパラグアイが変革に向かって良くなって行くことを願っております。大統領就任式に出席のため日本から特派大使として玉沢徳一郎先生がお見えになりました。大使館で各日系諸団体の代表が招かれ懇親会が開催されましたことをご報告申し上げます。また皆様すでにご存知の様に当商工会議所の会員でありますヘンリ−森谷氏が農牧省の副大臣になられました。大変名誉なことであります。今後活躍されることを願っております。今日は肉関係の話の第2弾でING.CARLOS PEREIRAをお招きしてお話を伺う予定です。

2・講演:「パラグアイ食肉業界の現状」「食肉の輸出について」
講師―カルロス・ペレイラ・ベンサ(パラグアイ農業協会食肉委員会会長)

(略 歴)
1973年生まれ
TEXAS A&MでMASTERADO ADMINISTRACION CIVIL取得
2年間アメリカ企業で勤務後2000年よりパラグアイに戻り実家の会社で勤務
現在 PRESIDENTE DE COMISHI0N DE CARNE ARP
PRESIDENTE DE ASOC.CRIADORES DE BRAHMAN

講演要旨:パラグアイ食肉委員会カルロス・ペレイラ・ベンサ氏より:
食肉業界の現状及び3年ぶりとなるEU向けの食肉輸出再開への取り組みへの課題、チリへの食肉輸出の管理、将来的な日本等、東アジア向け食肉輸出への観測等の講演が行われた―
※口蹄疫の予防接種、衛生管理(法律808/96の制定)、生産方法をヨーロッパ基準に合わせ、食肉衛生局による管理体制の充実、予防接種を受けた蓄牛についてはパラグアイからの追跡を可能としている。
※現在の食肉の輸出先は33カ国あり、輸出量は1位-ロシア52%、2位-チリ34%、3位-アンゴラ4%、イスラエル4%の順となっている。
※パラグアイ食肉業界にとってチリは優良な輸出先で2004年より、品質管理のため酪農家の登録、予防接種を受けた牛の追跡などの情報管理・財源を食肉委員会で行っている。
※最終的には日本、韓国等東アジアへの輸出も行おうという希望はあるものの、これらの国は予防接種を受けた牛の食肉を受け入れていない為現状では難しい。

3・例会及び連絡事項:
(1)2008年〜2009年事業報告が桑折事務局長より読み上げられ承認された。
(2)2008年〜2009年財務報告が伊賀上財務担当より説明後承認
(3)会員各位へ通信手段についてのアンケート結果  集計数:14 
通信手段の優先順位については全てE-mailにて、時点として携帯電話であった。
(4)9月16日〜18日に開催される「日パ交流展」の説明が白沢商工・片岡宏氏より説明がなされた。
(5)伊賀上財務担当より、ホテルシェラトンの利用について、商工会議所会員である事を伝えれば割引される旨報告があった。



(写真:挨拶を行う林会頭)



(写真:食肉委員会会長 カルロス・ペレイラ・ベンサ氏



(写真:定例会の様子)



定期総会 (2008年7月16日) 
在パラグアイ日本商工会議所2007-2008年度定期総会が開催された。

日時:2008年7月16日 (12:00−14:00)
場所:内山田 別室

最初に田中会頭より2年間を振り返っての挨拶があった。

議事:
1.総会議長として会頭田中裕一が参加者全員の承認を得て、総会出席者の確認を事務局に求める。事務局が一般会員総数29名中、出席者15名、委任状9名、合計24名となり、定款23条に定める一般会員の半数に1名を加えた出席者なる条件を満たしており、総会が成立していることを確認、宣言した。

2.続いて書記の選任に入り、書記として事務局長・桑折久太郎が指名された。

3.第一号議案:2007〜2008年度総会議事録署名人を二名指名する件
署名人に伊賀上知雄氏、横山章氏が推薦され、承認された。

4.第二号議案:前総会の議事録承認
総務担当、林英二郎が朗読、承認された。
5.第三号議案:事業報告
1)総務担当、林英二郎が朗読し、報告した。
@通常事業報告:総会1回、定例会8回、講演会・懇談会3回、報告会1回、懇親会(忘年会)2回、送別会2回が行なわれたとの説明があり、具体的内容が紹介された。2)以上の後、承認された。

6.第三号議案:会計報告
1)財務担当伊賀上知雄が2008年度決算報告を朗読、前期と今期を比較した決算説明報告を行なった。
2)以上の後、承認される。

7.第四号議案:監事報告
1)森谷不二男監事が報告書を朗読、バランスシートの作成等見易さを意識して欲しいとの意見を述べる。
2)以上の後、承認される。

8.第六号議案:役員改選
選挙管理委員3名、中村英美、石田穣、鈴木敦を選出、笠松信吾氏より動議があり、林英二郎総務担当の次期会頭への推薦があり満場一致にて選出。役員の改選については会頭に一任してはどうかとの動議があり、承認された。 人選については後ほど林会頭より各会員に連絡をすることとした。

林新会頭挨拶
林新会頭より、会の発展に努めたいとの力強い挨拶があった。

後日林会頭より本年度の役員構成に関し以下の通り報告があった。

会頭  (執行役員) 林 英二郎
副会頭 (執行役員)  川田 忠
総務(執行役員)  鈴木 敦
財務(執行役員)  伊賀上 知雄 
企画(執行役員)  後藤 成文
法務  石田 穣
安全(安全協議会担当) 渕脇 隼人
広報  田中 裕一 
福祉(福祉協議会理事) 笠松 信吾
監事  藤原 アントニオ
監事  森谷 不二男
事務局長  桑折 久太郎